育児情報

生後3ヶ月パパ見知り!父親に人見知り?おやじは風呂場で涙がポロリ

今回は息子が生まれてから今までで一番つらかった時期「パパ見知り」について書きたいと思います。

奪われた息子との癒しの入浴タイム!

息子が生まれて、病院から自宅に来たその日からほぼ毎日息子の入浴をしていた僕。

ある時には飲み会の前に一度帰宅して息子をお風呂に入れてから会社の飲み会に参加するなど、育児の中でもお風呂は特に頑張っていたし、唯一嫁さんに勝てると自信を持っている部分でした。

息子とお風呂でキャッキャと戯れることで仕事の疲れも吹き飛びました。

 

そんな僕の父親としてのアイデンティティであり、癒しでもあった息子とのお風呂タイムはあっけなく奪われました。

 

そうです。

 

「パパ見知り」です!!

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アドセンス

 

パパ見知りは突然に!生後3ヶ月のある日のこと

やつは突然やってきました。

生後3ヵ月のある日、いつも通り僕が先にお風呂で体を洗った後、嫁さんから息子を受け取った瞬間、ギャン泣きスタート!!

今日は機嫌が悪いな~なんて思いながら、いつもの息子必笑ギャグ「バナナ!」(※)を連呼してみますが、全然泣き止みません。

※必笑ギャグの「バナナ」はテンション高めに「バナナ!」と連呼するだけのもので当時の僕と息子の流行ギャグです。ちなみに7ヶ月になった今はピクリとも笑いません。

 

とりあえず僕のギャグレパートリー(3つぐらいしかない)をすべて試してみますが効果ゼロです。むしろやればやるほど泣く勢いが強まります。

 

今日は超絶機嫌が悪い日なんだと諦めて、泣いて暴れる息子をダッシュで洗い、湯船に入れてササっと嫁さんにバトンタッチ。

それまで終始ギャン泣きだった息子が嫁さんにタオルでくるまれて抱かれた瞬間すぐに泣き止みました。

 

僕はちょっと寂しい気分になりながらも、まあそんな日もあるよね。と、特に気にしていませんでした。

 

しかし次の日もその次の日も息子は僕との風呂でギャン泣きし、全く泣き止む気配がありません。

でも嫁さんいわく、嫁さんと2人で入る時は全然そんなことはなく前まで通り笑顔だよ、とのこと。試しに嫁さんと3人で入ったときはニッコニコで全然問題ありませんでした。

 それ以外にも、夜に泣いて起きちゃったときに僕が抱っこしてあやして寝かしつけようとしても全然泣き止まないことが増えました。

 お風呂も寝かしつけもやり方が悪いのかな!?と思い、体を洗う時の順番を変えたり、抱っこの仕方も嫁さんに聞いて変えてみたりしたのですが全然改善しませんでした。

 

なぜなの~~~!?

これは父ちゃん嫌われちゃったかな?と悲しくなり、風呂場でひとり男泣きする日もありました。笑

何か解決法はないかと思い、ネットで似たような人がいないか検索してみると、この状況が「パパ見知り」ということ、そして割と多くのおやじが通る道だということがわかりました。

以下ネットに書いてあった情報を紹介します

 

ijmaki / Pixabay

ijmaki / Pixabay

 

ネットの情報まとめ 原因・時期・対策など

パパ見知りとは?

父親に対する人見知り。ある日突然父親に抱っこされたり、お風呂に入れられるのを嫌がるようになること。程度は個人差があり、お風呂など特定のことのみダメになる場合や、顏を見るだけで泣くようになる、また母親が近くにいれば大丈夫な場合とそうでない場合など色々なタイプがある。

 原因は?

赤ちゃんの成長の過程で人の区別がつくようになり母親への信頼が深まる中で、母親以外の人だと安心できなくなってしまうようになるため。父ちゃんがダメではなく、母ちゃんじゃなきゃ嫌ということ。

 いつからいつまで続くの?

時期についても個人差が大きく早い子で人の区別がつくようになる生後3ヶ月頃から始まる子もいれば1歳を過ぎてから始まる子もいる。

終わる時期も人によるが2歳頃には落ち着くことが多い

克服するには?対策は?

めげずに気長に赤ちゃんに好かれるように接する。ギャン泣きして泣き止まない時は素直に母親に任せて遠くから見守る。また母親と仲がいいところを見せるなどが有効。

 

僕のパパ見知り対策!これで我が家は少し改善できました

ネットの情報を見て、お風呂が急にダメになったことや、嫁さんと3人なら大丈夫という状況も合致しているし、時期も生後3ヶ月とピッタリなので、これはパパ見知りだと確信しました。

原因もわかって一安心。嫌われたわけじゃなくて良かった~!

ということで対策どうしようか、と考えました。

パパ見知り対策といって息子がギャンギャン泣くのを無理矢理お風呂に入れ続けても逆効果、むしろ本格的に嫌われちゃいそうな気がしました。ネットでも泣き止まないときは無理すんな的なことが書いてありましたし。

また何より僕のメンタルが持ちそうもありませんでした。

そこで我が家ではできるだけ泣かれないような状況で息子と接する時間を増やし慣れさせていこう、という方向で気長に無理のない範囲で対策をすることにしました

 

・嫁さんと3人でお風呂に入る

まずはギャン泣きしない状況で僕とのお風呂に慣れさせよう!ということになりました。

息子は嫁さんが近くにいれば大丈夫なので、一緒に入って洗髪や洗体、湯船に浸かるまでの一連の仕事自体は僕がやるようにしました。嫁さんには泣きそうになったら落ち着くように声掛けでヘルプしてもらいました。

可能な限り、この3人での入浴を続けました。

 

・午前中の機嫌が良いときに息子と二人で近所を散歩する

うちの息子は午前中は機嫌が良いことが多いので、休みの日はミルクを飲んだ後など落ち着いているタイミングに抱っこ紐で近所を15分ぐらい散歩して、2人だけの状況に慣れさせるようにしました。外に出る興味があるものが多すぎて嫁さんがいないことを忘れてしまうようで、全然ギャン泣きされることもありません。それどころか抱っこ紐の効果もあり気持ちよさそうに寝ちゃうことも!

 

・僕の寝間着をおもちゃとして与える

僕のニオイに慣れさせるために、仕事で家にいないときに数回着た僕のTシャツで遊ばせるようにしました。派手な柄のTシャツや素材が変わった感じのものだと意外に遊んでくれます

 

我が家のパパ見知り対策の結果!生後3ヶ月でだいぶ改善!

上記の対策を続けること約3ヶ月、生後6ケ月を過ぎたあたりには僕への信頼が深まったのか、風呂場でも笑顔を見せてくれるようになりました。(パパ見知りが始まってから僕に対してはずっと泣いているか、無表情でした)

これはそろそろ、

イケそうな気がする~!

ということで久しぶりの二人でのお風呂にチャレンジしました。

 

結果は・・・

 

無事お風呂ミッションを完遂です!

頭を洗う時にちょっと泣かれましたがすぐに泣き止んでくれて湯船も気持ちよさそうに浸かってました。お風呂上りの保湿剤ぬりぬりタイムも泣かずにバッチリです。

 

最初は、これからずっとこれが続くのかと絶望しましたがひとまず終息してホっとしました。息子との絆も前よりも深まったような気がします。

我が家は風呂場だけダメなパターンで比較的軽い症状だったので克服するまでも3ヶ月と短い期間で済んだのかもしれません。

 

現在息子は生後8ヶ月になりましたが、最近はママ大好き感がさらに増している感じがするのでセカンドシーズンが来るのではないかとビクビクしています。

 

パパ見知りは、父親にとってはショックで辛い期間ですが、母親にとっても今まで父親に任せていた育児が任せられなくなり大変な時期だと思います。

これといった解決法はなく、とにかく気長に父親に慣れさせるということが大事なので我慢の時期になると思いますが、お悩みの皆様には是非我が家の体験談を少しでも参考にしていただければと思います。

-育児情報
-