ダイエット

乳酸菌で痩せる!ダイエットに効果的な痩せ菌の種類、おすすめのヨーグルト・サプリは?

僕は以前の記事でも書いた通りガセリ菌ダイエットを続けて9ヶ月で約10kgの減量に成功しました。

ガセリ菌SP株ダイエットをやってみた!ダイエットはもちろんお肌も好調に!

その後約1年が経ちましたが、リバウンドせずにそのままの体重をキープ出来ています。

それは痩せる乳酸菌であるガセリ菌SP株を摂り続けたおかげで腸内フローラや体質的に改善されたおかげだと自分的には思ってます。

このガセリ菌ダイエットを続けていく中で乳酸菌全体に興味を持ち色々と調べたので、今回は最近世間でも流行っている乳酸菌ダイエットについて紹介したいと思います。

 

乳酸菌で痩せる理由・メカニズム

乳酸菌といえば整腸効果(便秘解消)というイメージが根強いですよね。でも最近は研究が進んでいて、特定の乳酸菌を摂ることで人体にとって色々な良い効果をもたらしてくれることがわかってきました。代表的な例でいうと明治のR-1乳酸菌の免疫力アップ効果が有名ですが、カルピス社のL-92乳酸菌のアトピー改善効果や、他にも花粉症であったり歯周病予防に効果がある乳酸菌も確認されています。それらのほとんどは乳酸菌が何らかのカタチで腸内やカラダに作用して健康効果をもたらしてくれます。

では乳酸菌を摂ることでなぜ痩せられるのか?というと優秀な乳酸菌を摂ることで下記のような効果を得られるからだと言われています。

便秘解消(お通じ改善)

便秘になると単純に本来排出されるべきウンチがお腹に残るのでその分の重さが日々体重にプラスされ、お腹もぽっこり出てしまいます。また腸の中に便があると新しく入ってきた食べ物の消化吸収に時間がかかってしまうことで余分な脂肪分や糖分を吸収してしまうという点でもダイエットの大きな障害となります。

そんな便秘を解消する乳酸菌を摂ることがダイエットに繋がります。

基礎代謝向上

基礎代謝とは黙っていても消費するエネルギーのことで人間が1日に消費するエネルギーの70%もの割合を占めています。つまり基礎代謝を上げれば、黙っていてもカロリーが消費され痩せやすい体質になり、逆に悪くなると、脂肪が燃焼されにくくなります。

ダイエットの基本として筋肉をつけて基礎代謝をあげることが重要!とよく聞きますが、基礎代謝全体のうち、筋肉の代謝量の占める割合は約18%のみで、実は最も割合が高いのが内臓で約60%の代謝が内臓で行われています。

乳酸菌を摂って腸内バランスが整うことでこの内蔵の基礎代謝をアップできると言われており、結果的にダイエットに繋がると考えられています。

腸内フローラの改善(痩せ菌とデブ菌のバランス)

身近にすんごい大食いだけど全然太らない人とかいませんか?僕の友達のさいとう君(仮名)は毎日のように次郎のラーメンを食べ、牛丼は必ず2杯食べるほどの大食いですが、全然太らずむしろただのガリです。

最近の研究ではこうゆう痩せ体質や逆に太りやすい体質に腸内フローラが大きく関係していることがわかってきていて、中でも痩せている人の腸に多くいる痩せ菌がいることもわかってきています。ある実験では太ったマウスの腸を平均的なマウスに移植したらそのマウスが肥満になったという結果になったそうです。

痩せ菌といわれるダイエットに効果的な乳酸菌を摂って腸内環境からダイエット仕様に体質を改善することができます。

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク

アドセンス

乳酸菌の選び方

プロバイオティクスを選ぼう!

プロバイオティクスとは「腸内フローラのバランスを改善することにより人に有益な作用(効果)をもたらす生きた微生物」のことでその中でも代表的なのが乳酸菌です。

①生きた乳酸菌を接種する

②腸内で善玉菌が悪玉菌よりも優勢になる(腸内フローラのバランス改善)

③その結果として様々な良い効果が現れる

という流れになるので乳酸菌を選ぶに当たって重要なのは「生きたまま腸に届くこと」と「腸にとどまること」です。

乳酸菌は胃酸や胆汁などで死んでしまい腸に届く前に死んでしまうモノや生きたまま届くけどそのままウンチになって出てっちゃうモノもいます。
最近だと死んだ乳酸菌でも様々な健康効果が確認されていますが、腸内フローラのバランス改善(腸に善玉菌を増やす)という観点では生きたまま届いて、さらにとどまる乳酸菌を選ぶことでより大きな効果が得られます。

トクホ・機能性表示食品かどうか?

トクホ(特定保健用食品)機能性表示食品とはそれぞれ違いはありますが、どちらもヒト試験や文献・論文等で効果が確認されている商品なので、安心して選ぶことができます。なので商品パッケージや商品説明で「脂肪の低減」や、「腸内環境を整える」などの効果効能・機能性が表示されている商品を選ぶのが手っ取り早いのでオススメです。

 

色んな乳酸菌を試して自分に合った乳酸菌を見つけよう!

ヒトの腸内細菌はそれぞれ一人ひとり違うので、乳酸菌との相性も人それぞれです。僕は雪印メグミルクのガセリ菌SP株を摂ると1週間ほどでウンチの質が良くなって効いてる感じがするのですが、うちの嫁さんは数か月飲んでもあまり変化は見られませんでした。

なので気になったヨーグルトやサプリをまずは1ヶ月程度試してみてウンチやおなかに変化があるかどうか試して、変化があった乳酸菌を継続してみることをオススメします。

プロバイオティクス乳酸菌入りのヨーグルトなら大体1コ90円~150円程度ですし、サプリなら初回お試し価格などで安くなることが多いのでそんなに費用をかけずに試すことができます。

ちなみに乳酸菌を摂り始めたら、急にお腹の調子が悪くなった、下痢になったので合わないと思ってやめた、という口コミや話をよく聞きますが、これは新しい乳酸菌が入ることで腸内バランスが一時的に不安定になっている、いわゆる好転反応(悪い状態から改善する際に一時的に調子が悪化したりすること)の状態の可能性があります。そうなった場合には少し我慢で1~2週間摂り続けてみて、落ち着くようだったらそのまま続けて、もしどうしてもダメそうだったら辞めるという風に判断することをおすすめします。

 

痩せる効果・効能がある乳酸菌(痩せ菌の種類)

上記の乳酸菌で痩せる理由に書いた通り、乳酸菌は便秘解消や基礎代謝向上、腸内フローラの改善などでダイエットに効果がありますが、中でも独自のメカニズムで直接的なダイエット効果が確認されている痩せ菌が存在します。

私が調べた限りでは以下の乳酸菌が実際にヒト試験において内蔵脂肪低減などのダイエット効果が確認されています。各社有名な企業ですので、たまにある胡散臭いサプリの会社とは違って実験結果なども公開しており信頼できます。

・雪印メグミルク ガセリ菌SP株

ガセリ菌SP株は日本人の腸から発見された日本人由来の乳酸菌。「世界で初めて生きて腸まで届いて長くとどまることが確認された乳酸菌」で90日間以上腸内にとどまることが確認されているので、腸内環境の改善という部分で期待ができます。

効果・効能としても内臓脂肪低減効果をはじめ、免疫細胞の活性化、インフルエンザ予防効果、ストレス減少、歯周病予防などが研究でわかっています。
中でも内臓脂肪低減については成人を対象としたヒト試験においてガセリ菌SP株入りのヨーグルトを1日1個、12週間食べることで内臓脂肪が平均5.2%も減少したという実験結果も確認されており、ダイエット効果が期待できます。

また脂肪低減のメカニズムも解明されており下記の通り発表されています。

今回、「ガセリ菌 SP 株」の内臓脂肪低減のメカニズムを調べたところ、「脂質に働きかけて脂肪酸への分解および吸収を抑制すること」、および「腸管バリア機能を保護し、炎症物質の流入を抑制すること」の二つの作用によって、脂肪蓄積と内臓脂肪組織の炎症を抑制することが分かりました。

雪印メグミルク株式会社のニュースリリースから引用
http://www.meg-snow.com/news/2015/pdf/20150409-1011.pdf

僕はこのガセリ菌で痩せました。またダイエット効果以外にも免疫力アップなど様々な効果が期待できるので一番オススメな痩せ菌です。

ただし現在この菌が配合されているのは雪印メグミルクのヨーグルトのみとなっていますので、サプリでは摂れないのはデメリットです。

・カルピス CP1563株

カルピスが長年の研究の中で見つけた脂肪燃焼を促すチカラが期待できる乳酸菌です。

このCP1563株もヒト試験において、1日1本、12週間CP1563株入り飲料を飲むことで内蔵脂肪・皮下脂肪ともに減少することが確認されています。

またメカニズムなどについてもカルピスの公式サイトにてわかりやすく解説されています。

こちらの痩せ菌もカルピスの「カラダカルピス」に配合されているのみで現状サプリなどへの活用は確認できませんでした。

・森永乳業 ビフィズス菌B-3

森永乳業が40年以上に渡るビフィズス菌研究の中で発見した痩せ菌「ビフィズス菌B-3」です。

ヒト試験においてビフィズス菌B-3を1日500億個、12週間の継続摂取で体重・体脂肪が低減することが確認されています。

またマウス実験で内蔵脂肪・皮下脂肪低減効果も確認されています。

その他にも動脈硬化抑制、肝機能改善、肌の保護の効果が確認されています。

森永乳業公式サイトにてメカニズム等もわかりやすく説明されています。

このビフィズス菌B-3の良いところは森永以外の会社にも素材を販売しており、色々なサプリでこの乳酸菌を摂ることができます。

 

痩せ菌入りのおすすめヨーグルト・飲料

雪印メグミルク ガセリ菌SP株ヨーグルト 食べるタイプ・ドリンクタイプ (機能性表示食品)

1日当たり費用:約90円~100円(1日1本で効果が確認されています)
おすすめの痩せ菌「ガセリ菌SP株(雪印メグミルク)」が10億個入り
機能性表示食品で「内蔵脂肪を減らす」ことが確認されています。
脂肪ゼロ・砂糖不使用で低カロリー

上記のドリンクタイプ以外にも食べるタイプのヨーグルトが3種類(プレーン、アロエ入り、豆乳仕立て)ありますのでその日の気分で違った味でガセリ菌SP株を摂取できますので飽きにくく続けやすいです。

またスーパーでは安いところで1本90円ぐらいで売っていてお財布にも優しいです。効果は雪印メグミルクがヒト試験において確認しており、実際に僕も痩せているので相性次第ではありますが、合えば期待できます。

 

雪印メグミルク ナチュレ恵400g (トクホ)

1日当たり費用:約30円~35円(1日100gが目安)
おすすめの痩せ菌「ガセリ菌SP株」に加えて「ビフィズス菌SP株」が入っています
特定保健用食品(トクホ)で「腸内環境の改善に役立つ」ことが確認されています。
腸内でビフィズス菌の餌になるガラクトオリゴ糖入り

こちらのナチュレ恵も上のガセリ菌SP株ヨーグルトと同様にガセリ菌SP株が配合されており、さらにビフィズス菌SP株も一緒に摂ることができます。またこの商品はトクホで「腸内環境の改善」を謳っています。

スーパーで1コ120円~140円程度で売っていますので、1日の目安量100g当たりの費用は30円代とコスパは最高です。

ただしガセリ菌SP株の配合量が上記のガセリ菌SP株ヨーグルトよりも少ないため、直接的なダイエット効果も少ないかもしれません。ただしビフィズス菌SP株と一緒に摂れる点とコスパの部分で非常におすすめのヨーグルトです。

 

カルピス カラダカルピス (機能性表示食品)

1日当たり費用:約150円~170円(1日1本が目安)
痩せ菌「カルピス CP1563株」が200㎎配合
機能性表示食品で「体脂肪を減らす」ことが確認されています。
カロリーゼロ

カルピス社の痩せ菌CP1563株入りのジュースです。甘くて爽やかなカルピスらしいさっぱりした味で飲みやすくおすすめです。ただし1日当たり費用は少し割高となっています。ただし雪印メグミルクのヨーグルトと違いペットボトルで持ち運びができ、常温保存可能、賞味期限も長いので特売時などに買いだめすることも可能というメリットがあります。

 

痩せ菌入りのおすすめサプリメント

ファンケル 内脂サポート(機能性表示食品)



1日当たり費用(初回お試し):50円(1日4粒が目安)
1日当たり費用(通常時):130円(1日4粒が目安)
痩せ菌「ビフィズス菌B-3(森永乳業)」に加えて「ビフィズス菌BB536(森永乳業)」と「N-アセチルグルコサミン」配合
機能性表示食品で「体重、体脂肪を減らす」ことが確認されています。

化粧品やサプリメントで有名なファンケルの商品。機能性表示食品でヒト試験で24週間(約半年)摂取で体重・体脂肪の減少が確認されています。初回お試し時の費用は50円と格安なので、まずはお試ししてみてウンチやお腹の変化があれば継続するというやり方がオススメです。

またこちらのサプリには上でも紹介した森永乳業の痩せ菌「ビフィズス菌B-3」に加えて、これまた森永乳業の「ビフィズス菌BB536」が配合されています。BB536は森永の「ビヒダスヨーグルト」にも配合されている優秀な乳酸菌で、腸内環境の改善が期待できます。

 

健康いきいき倶楽部 乳酸菌革命




1日当たり費用(いつでもやめれる定期コース):88円(1日2粒が目安)
1日当たり費用(通常価格):97円(1日2粒が目安)
ガセリ菌、ビフィズス菌を含む16種類の善玉菌配合(※)
耐酸性カプセルで腸まで届ける
リピート率85.7%で満足度高い

※本商品にはガセリ菌、ビフィズス菌が配合されていますが、一通りHPを確認したところ菌株名まで記載がありませんでしたので、本ブログで紹介した「ガセリ菌SP株」や「ビフィズス菌B-3」が入っているわけではなさそうですのでご注意ください。

色々な乳酸菌を試してみたけどなかなか効果が出ない方にオススメ!16種類もの乳酸菌が入っているので相性が良い乳酸菌が入っている可能性が高まります。胃酸に弱いものが多い乳酸菌をカプセルで生きたまま腸まで届けられるので腸内フローラのバランス改善には効果的だと思われます。

またお得な定期コースでもいつでも辞められるのはポイントが高く、もし効果が全然現れなかった場合にすぐ辞められます。(商品のお届け予定日よりも11日前にキャンセルすればOKとのこと)

 

アンビシャス プレミアムスリムビオ




1日当たり費用(定期便初回お試し分):71円(1日3粒が目安)
1日当たり費用(定期便2ヶ月目以降):143円(1日3粒が目安)
痩せ菌「ビフィズス菌B-3」に加えて腸内環境を整える「乳酸菌EC-12」、「ラクトフェリン」を配合
さらに痩せ効果が期待できる「茶カテキン」と茶カテキンの吸収を高める「スマート乳酸菌」も配合
他にも食物繊維やオリゴ糖、納豆菌、こんにゃくマンナン、難消化性デキストリンなど腸内環境を整える成分配合

とにかく乳酸菌ダイエットに効果的な成分を全部入れてみました!みたいなサプリです。しっかり効果が確認されている痩せ菌「B-3」が配合されていますし、その他にも腸内環境を整える成分がたくさん入っています。特にポイントが高いのは内蔵脂肪低減効果がありポリフェノールの一種である茶カテキンと一緒にポリフェノールの吸収力を高めるスマート乳酸菌も配合している点です。

また食物繊維やオリゴ糖は乳酸菌の餌になって腸内バランス改善に効果がありますし、難消化性デキストリンはトクホのコーラなどに含まれる脂肪の吸収を抑える成分です。

痩せ菌B-3+茶カテキン+腸内環境改善+脂肪吸収抑制と色んな角度からダイエット効果を狙った商品になっておりとてもオススメです。

 

最後に

長々と書いてしまいましたがいかがでしたでしょうか?

乳酸菌はヨーグルトやサプリなど色んな食品から気軽に摂ることができるので、乳酸菌ダイエットは誰でも簡単に始められるのが大きなメリットです。

今回の記事を見て、腸内環境や乳酸菌に少しでも興味を持ってもらって、最適な乳酸菌を見つけてもらえたらうれしいです。

乳酸菌の効果効能やメカニズム、また腸内フローラとカラダの関係についてはまだまだわかっていないことも多いので、今後さらなる良い知見が発見される可能性が高いんじゃないかと思っています。

また、今回紹介したヨーグルトやサプリ以外にもいろんな良い商品があるので、相性の合う乳酸菌に出会うまで是非色々と試してみてくださいね!

-ダイエット
-, ,